妻の不倫の兆候

妻の不倫の兆候と発覚した時の修羅場。明確な証拠が不完全な状況で、嫁さんの密会を指摘して不出来に終わった事例解説。ボイスレコーダーに収録した密夫と家内のあえぎ声。

 

奥さんの生活が変化し、音声録音機をポーチに密かに入れたりしておきました。

 

帰ってきてチェックしてみる、浮気相手と性愛している情事を重ねる声が聞こえてきました。

 

こういったことは明らかな明確な証拠だと思ってママに審訊してみたら、密通を自白しました。

 

でありながら、いざ浮気相手に慰謝料の請求をしようとすると、ふっと態度を曲げてしまったのです。

 

ラブホテルへは一人で行って、誰かと一緒ではないと。

 

そのような言い訳は受け入れらないと思いましたが、弁護士先生に相談に行ってみても、何てたってラブホに出入りする所を写真撮影など記録に残しておかないと、賠償面で法的に認められる不義の裏付けになり得ないとのこと。