妻 浮気

MENU

妻の浮気相手への慰謝料について

妻の浮気相手への慰謝料の相場や金額を上げる方法。嫁の姦通が疑わしい際の取り計らいのやり方。嫁さんの姦通が確認した場合は全くをもって?然とした状態ですよね。奥さんの品行がすごく冷やかになってしまって、妹背のつながりが深刻化してきたと嗅ぎ取り始めていたら、いつまでもiPhoneをいじるようになって、ハウスキーピングや育児をほとんどしなくなって、深夜残業することが連続的になった折りの。

 

夫婦の行為が避けられるようになり、語らいがあまりなくなった。

 

亭主とのベッドの関係はほとんど無くなったのに、セクシーな肌着が豊富になってきて、女の魅力が増す香油をつけて魅力的なワンピースで、深夜零時過ぎまで友人と飲み会をすることがしょっちゅうになってきたとき。

 

自分にとっては、明白に浮気をしているとしか感じないのだけれど、証左が無しに質疑しても関係が悪くなる。

 

だけれど、今の状態のまま見過ごしていると私がおかしくなってしまう。

 

しかも、子供にとっても悪い影響。

 

妻の浮気相手への慰謝料請求には証拠が必要

 

ワイフの密会が疑わしげなときには、確固たる証拠獲得する。

 

確実な証拠キャッチすることができるまでは、不義を感知していることを口外しない方が賢明だ。

 

ママが姦淫をしているのかもと不審に思ったとき、大抵はワイフが持っている電話を検見して、密夫と軽率な会話のやり取りをしているか、トラベルのスケジュールがメモされていないか精査しますよね。

 

それ以外にも、嫁が持っているバックにGPSを入れておいたりして、振る舞いをモニターすることもすると思います。

 

けれども、それだけでは法律的に法的に認められる情事の裏付けと決めつけられないことを分かっているでしょうか?。

 

男にとっては、ママが他の男と不謹慎な会話をして、愛してるとか言っていたら、そういった類のことは不倫と決めますよね?。

 

まして、ママの姦淫が疑わしいということでGPSで行動を追跡しているただ中で所在地がラブホに長くいたら、立腹してしまいますよね。

 

だけれど、法律的には「不貞行為」をしていなければ、浮気とは裁決されません。

 

姦夫と奥さんが体の交わりをしていた時に、法律的な観点から密通と査定されます。

 

裏を返せば、ママが姦夫と情交をしていないのに、不義だと言って激しく詰め寄ると、己の方が弱くなってしまいかねない。

 

エビデンスが不足な状態で、ワイフの姦通を問いただして間違った実例解説。

 

妻の浮気相手への慰謝料請求での失敗事例

 

音声録音機へ録音した間男とワイフの喘ぎ声。

 

嫁さんの生活が変わり、音声録音機をかばんに付けたりしておきました。

 

翌日に確かめてみると、姦夫とセックスしているようね喘ぎ声が聴こえてきました。

 

これはもう確固たる裏書きだと思い込んで嫁さんに審訊してみたら、姦淫を白状しました。

 

されど、いざ男へ慰謝料の要求をしようとしたら、ひょいと主張を変化させてしまったのです。

 

ラブホテルへは一人だけで入り、奸夫とペアではないと。

 

そんなのは幼稚な嘘だと受け止めましたが、弁護士事務所に伺ってみても、なんと言っても一緒に寝泊まりしている現場を激写するなどドキュメントに保存しておかないと、裁判になった時に法的に認められる密通のプルーフと判断されないとの返答。

 

嫁はんが車の後部座席で奸夫とキスしていたのに・・・。

 

嫁が帰ってくるのが過度に遅いので、働いている場所に行ってみたところ、すでに鍵が閉まっていました。

 

駐車エリアにワイフのミニバンがあり、なんとまあ間男とディープキスをしている最中でした。

 

こちらは意識が喪失しそうになってしまいました。

 

腹立たしさあまり、扉をオープンして慟哭して怒鳴り散らして、姦夫のビジネスカードを開示させ、慰謝料要償を行いました。

 

だけれども、しばらくして男の弁護士から知らせが寄こされ、あなたがしてしまった言動は脅迫罪に相当するから、サツに被害届を出すと伝えられました。

 

しかも、車の後部座席でキスしたという事実だけだと不貞行為じゃないので、不義の慰謝料を払う債務は無いというのです。

 

こちらとしては並々ならず当惑してしまいました。

 

ママが浮気相手とチューしていて、それが不貞行為に当てはまらないなんてバカ言うなと思いました。

 

詰まるところ、示談ということになりましたが、当方としては心残りな気持ちです。

 

万が一家内の不義が露呈しても、自分で仕返しは止めましょう。

 

理由としては、自分自身で懲らしめを与えようとすると、自らの立場が悪くなってしまうからです。

 

相手に負い目があるからと言って、妻を激しい声で叱咤してしまうと、家庭内暴力を評定されて離婚裁判に持ち込まれた時などにやたらに自分の立場が不利になります。

 

凶暴なトーンで指弾されたので鬱病を患ったと診断書を病院で医者に書かれて、妻が裁判所に差し出してしまいかねません。

 

もしかすると、密夫を叩きのめしてやりたいと憤怒する方もいるのは当然の気持ちですが、姦夫へ傷害を加えると自分が加害者となってしまいます。

 

たとえ肉体的攻撃を加えなかったとしても、叫んで怒鳴りつけてしまった時には脅迫罪で逮捕されるケースも多くあります。

 

自分で制裁を課すと、なんとも惨めな幕引きになる可能性が高い。

 

奥さんとの結婚生活を修復するには?。

 

よしんばワイフが密会をしていったとしても、なんとかママと愛の絆を取り戻して修復したいと決意する男性はおられるはずです。

 

生涯、この女を幸せにすると決断して結婚した相手ですから、ゆるしてあげて、生活を修復したいと決意する男性は多いと存じます。

 

そうでありながらも、注意しなければならないのは、女性の気持ちを理解することです。

 

ママの不倫相手へサンクションのために高い慰謝料催促をしてしっぺ返しするテクニック。

 

慰謝料の目安である2,000,000円前後より高い価格を請求する適法な手順を説明。

 

上さんの不義が露顕したときには、痛烈な憤りの想いと絶望感がどうにもなりませんよね。

更新履歴

妻 浮気 妻 浮気 嫁 浮気 嫁 浮気